海外旅行しない県ワースト3

12月に地元の帰ることになりました。

3月に成人式の為に帰ったので、それほど帰りたいというわけでもないんですが。
でもやはり地元はいいもので、故郷があるっていいなって思う。
田舎でよかった。

派手なズボンでも履いて視線を集めようかと思う。
それでお母さんが子供に見ちゃいけませんって言うんだ。

それが田舎さ。

東京(正確には神奈川だけど)に住んでた時は地元はいいけど退屈だなと思っていたのが、パリに来たことで耐えられるようになってると思う。
ここもある意味では田舎ですから。
そんな新潟に帰るのが楽しみだ。また前とは違った目線で見ることが出来ると思う。

新潟の県民性について考えてみた。やはり都道府県によって考え方が違う。
国が違うように。
外見がほとんど一緒でテレビと情報社会になっているが今でもやはり地方の特色が性格にまで出て来る。わかりやすいのが方言だ。
言葉のニュアンスが性格に与える影響もある。

私が思うに新潟は真面目だと思う。いい意味でも悪い意味でも。
誉めてもいないし、けなしてもしない。
そして安定に生きている人が多い。

だからなのか、毎年の海外旅行しない県ワースト3か5には必ず新潟が入るらしい。
臆病なのか何なのか。
単に新潟県が交通が不便な田舎だからというわけではない。
それに貧しい県だからというわけでもない。
北朝鮮が怖いなんて理由はもちろんありえない。

英語が通じないロシア人への対応は怖いものがあるらしいが。

でも他の人が言うには、
米も酒もうまいし、山も海もあって、まず食べ物がうまい。
冬はもちろんだけど、夏は想像以上に暑くて季節を感じられる。
他に求めるものがないらしい。

単なる故郷自慢になってるが、ただの小心者って言ったらそうなのかも。

でもやっぱり地元はいいものだね。
心が安らぎます。

何が一番食べたいかって?

それはもちろん

「蒸気パン」
別名ぽっぽ焼き
[PR]
by masarumizushima | 2004-11-21 08:54

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧