愛 天使の意味するもの

真っ青な空から落ちてくる一枚の白い羽根。
ふわりふわりと漂いながら、風に吹かれ、一人の男性の所まで飛んでくる。
これは、映画フォレスト・ガンプの冒頭のシーンである。



このシーンによって、ガンプは天使を意味しているということが分かる。

現実にもたまにそのように羽根が舞い降りてくることがある。
想像が好きな人にとっては、天使が近くに居るのかもしれないと思える出来事なのかもしれない。
しかしロマンチックさの欠片もない僕としては、どこの鳩の羽根だろうと思ってしまうが、
どう考えても前者の方が、夢があって良い。

ガンプが人間ではなく、なぜ天使なのか。
まずは別の映画に登場してくる天使と比べてみよう。
アメリカではクリスマスに必ず放送される(らしい)映画、「素晴らしき哉、人生!」に登場するクラレンスという天使がいる。


見た目はおじさんで、羽もない。パッと見は人間にしか見えない。いわゆる西洋絵画に登場してくるような、羽の生えた天使ではない。しかし彼は映画の中では天使として登場してくる。実際に奇跡も起こせる。
ガンプは奇跡も起こせなければ羽もない、映画の中では少しIQの低い普通の人間である。
ではなぜ彼が天使を意味しているかと言えば、僕は人に無償の愛を与えられるからだと思っている。

多くの人間は愛されることばかり考えていて、自分が人を愛することを考えていない。
そのようなことを心理学者のエーリッヒ・フロムは言っている。
詳しくは彼の著書「愛するということ」を読んでいただきたいのだが、ここでアマゾンの内容紹介の所だけ引用させてもらおう。

愛は技術であり、学ぶことができる――
私たち現代人は、愛に渇えつつも、現実にはエネルギーの大半を、
成功、威信、金、権力といった目標のために費やし、
愛する技術を学ぼうとはしない。

愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、
愛こそが現実の社会生活の中で、より幸福に生きるための最高の技術である。


人は孤独である。一人で生まれ、一人で死んでいく。そう言う人もいる。
愛によって生まれ、家族の愛に見守られながら死んでいく。それは孤独ではないかもしれない。
多くの場合、人は孤独を恐れている。狩猟民族の頃からしたら、集団から孤立するということは死を意味していたのかもしれない。人類が農耕を始めてからは尚の事そうなったかもしれない。
長い進化の過程で見たら、現代の核家族化し、独り暮らしの人が増えている現代の社会というのは本当に一瞬のことで、そう簡単に人は適応出来ない。
SNSなどで孤独を紛らわしてはいるが、一部ではfacebookは鬱発生装置とまで言われている。
色んなもので何とか気を紛らわせながら、孤独という人生をなんとかごまかしているのが人間なのかもしれない。
欲深い人間は、もっともっと沢山のものを欲しがり、愛についても求めることを優先していく。
自分が相手から何を与えてもらえるのか。そんなことばかり考え、表層だけを繕いながら、薄っぺらい価値観の元で社会に同調していく。
どうしても欲の捨てられない人間という生き物は、その欲から何かを欲していってしまう。

最初の映画の話に戻すと、天使とされている二人には共通点がある。
二人共、自分のことではなく、人の幸せのために生きているということだ。
フロムの言う、愛する技術という、人が学ばなければいけないものを生まれつき持っている
子供は可愛い。ただ存在するだけで愛される。知らない人の子供でも、笑顔で手を振られたら多くの人が幸せな気分になってしまう。それは彼らの存在が愛される為に存在し、本当的に愛してしまうような作りになっているのだろう。
ここでフロムの言葉を引用しよう。


 幼稚な愛は「愛されているから愛する」という原則にしたがう。

 成熟した愛は「愛するから愛される」という原則にしたがう。 

 未成熟な愛は「あなたが必要だからあなたを愛する」と言い、成熟した愛は「あなたを愛しているからあなたが必要だ」と言う。



あなたを愛しているからあなたが必要というのは、ガンプがジェニーに対して言っているのとまったく同じである。ジェニーが何をしても、ガンプは彼女を認め、彼女の為に何かしてあげたいと思っている。


 誰かを愛するというのは単なる激しい感情ではない。

 それは決意であり、決断であり、約束である。

 もし愛が単なる感情にすぎないとしたら、「あなたを永遠に愛します」という約束はなんの根拠もないことになる。



ガンプはジェニーが病気で長く生きられないのを知っていながら、神に永遠の愛を誓います。
フロムが言うように、決意であり、決断であり、約束です。


 もし、自分の足で立てないという理由で、誰か他人にしがみつくとしたら、

 その相手は命の恩人にはなりうるかもしれないが、二人の関係は愛の関係ではない。



ジェニーは自立した女性ではありませんでした。だからこそ、ジェニーにとって、ガンプとの関係は愛の関係にはなれなかったのでしょう。ジェニーにとってガンプは命の恩人であり、ジェニーは安らかに死を向かえることができました。
それでもガンプには何の後悔もありません。それは彼の知性に問題があるからだけではなく、彼が天使のような心を持ってるからだと言えるのではないでしょうか。

冒頭で書いた「素晴らしき哉、人生」に登場する主人公のジョージ・ベイリイも、自分の夢がある中、人々を助けるために自分の人生を使います。彼が窮地に陥った時、今まで彼に助けられて来た人たちは喜んで彼を助けます。
ガンプが幸せかどうか、それは分かりませんが、彼は決して不幸だと思っていないのではないでしょうか。人間であるジョージ・ベイリイは、天使の助けを借りて生きることに希望を見出します。そして今まで助けてきた人々の助けによって幸福になります。彼は人の為に生きることで、孤独にならずにすみました。

天使になることは出来ませんが、幸福になるために愛するための技術を学ぶことは、いつの時代どんな人にとっても必要なことのように思います。





[PR]
by masarumizushima | 2017-10-10 10:18 | 映画

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧