日本の真夜中、それは朝方へ続く

時差ぼけさせてくれ。

そんなわけで日本に戻ってきてから約一週間がたちました。
戻ってきて早々人に会ったり、免許証の更新で一日に電車を4時間も乗ることになってしまったり、なぜかカラープリントなんてしてみたり楽しい日々を送っております。

スペインの巡礼に行った時の写真をプリントしたら、カメラの中にゴミが入っていたようで絞った写真はみんなゴミが写っていた、、、という悪夢のようなことが起こり、カメラを確かめたかったけれど奴はもう中古カメラ屋に引き取られた後、、、最後にすごい爆弾を置いていってくれました。
これは俺に対する復讐か!とも思われましたが、スペインの写真は作品にするなという神の啓示ではないかという勝手な思い込みによってどうにか復活しました。
そう、被写体は僕の中にあるということを教えてくれたのかもしれない。
なのでスペインの写真は観光写真扱いということで。そう言いながらもやはり悲しい、、、

堀○カラーの受付の人が使えないって怒りすぎたせいかもしれない。
ごめんなさい。ごめんなさい。

そんなことばかりしているせいか毎日の睡眠時間ばかり削られていく。
すべてはどんどん消費されていく。
これが消費社会か。

この2年、フランスで学んだことを日本で生かしながら生きることで前回の一時帰国の時よりもずっと楽しい生活をおくれている気がする。
知識ではなく、行動でそれが現れているのかと思うとすごくうれしい。
まだまだ日本には帰れない。まだまだ師匠の下で学ぶことは沢山あるようだ。
目標は高ければ高いほどやりがいがあるものだ。

そんなわけでこのフランスかぶれはあと3ヶ月ほど日本にいます。
この3ヶ月で一体何ができるのか。
とても楽しみであります。
[PR]
by masarumizushima | 2006-04-02 05:19 | 日記

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧