<   2004年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

そんな俺は外国人。

体が疲れてるのに、頭が妙にさえてる時ってものすごく変な感じですね。
わかりやすく昨日の俺です。ごめんなさい。

そんなわけで滞在許可証の申請に行ってきたんですが今日でついに6回目です。どのくらい多いかというと、普通は1回か2回で審査通るんです。俺が今まで聞いた中で一番多かった人で3回です。
普通、学生の滞在許可証はすんなりといくらしいです。そこらへんはフランス人の適当さをいかんなく発揮してくれるらしいです。聞いた話ではね。

さて。その6度目の挑戦はどうだったかというと、あっけなく惨敗に終わりました。3回目までは笑ってられたんですが、今はもう気分がすさむばかりです。
書類の内容としては、1回目からちゃんとそろってるはずなんですが、年々厳しくなっているらしく「法律上はいいけどダメ」みたいな感じです。
そこまでフランス語が話せないわけでもないのでそんな専門的な単語が俺の数少ないボキャブラリーの中にあるわけがなく、いつも理由を聞いてもそこまで分からないんですよ。
分かった所で言われたとおりの書類を持っていくか、説得しきるしかないわけですが、無理!

ムリムリムリ!

あと1ヶ月で滞在許可証が取れなかったらビザの期限が切れてしまいます。
こんな合法的に住んでるにもかかわるず。
そうなったら帰国?!えっ?!不法滞在?!

こんな時、日本に住んでる外国人とか思い出してしまいます。
日本社会で働く外国人はすごいなと改めて思うようになりました。
日本語喋ってるし、日本なんて外国人が働くにはめちゃくちゃ厳しいはず。
それでも頑張ってんだよね。すごいよ。

日本に住んでるみなさん。どうか彼らに優しくしてあげて下さい。
中にはお金の為だけに日本に来て色々と悪いことをしたりする人もいるかもしれないけど日本が好きで来ている人もいっぱいいるはず。
[PR]
by masarumizushima | 2004-09-29 23:07 | パリ

存在する豚も犬のはしくれ


未来に嘆キッスしてきた俺も妄想のパンダに羽交い締め。

しらふに一人で歩いてみては抗争と混沌にコン・トトン。

あーやっぱり人生って素晴らしいなどと思ってみたい。

体は地獄にさそわれながら頭はなぜか泣いている。

地球の呼吸に飛んでみたらそんなあなたも笑ってる。

あぁこれも人生か。

お茶っ葉ひとつで蜜の味。
[PR]
by masarumizushima | 2004-09-29 09:06

文学

ここ半年、引っ越してから妙に本にはまっております。
今までそんなに本を読む方ではなかったのですが最近は毎日かならず読むのが習慣になってきています。
前まで興味すらなかったので作家の名前とかも全然知らないんですが、最近は昭和初期の頃の作家の本を読んでいます。
最近読んだ本は谷崎潤一郎の「細雪」。上中下巻と全3巻。
4人姉妹の話なんですがとてもいい小説です。普段はこんな綺麗な小説は読まないもので、たまにこういうのを読むと妙に心が綺麗になった気がします。時代のギャップが心地よくて、なぜか自分の昔の事なんて思い出しちゃったりして。
さんざん誉めといて実は下巻はまだ読んでなかったりして。
ごめんなさい。

それなのに今は別の本なんか読み始めてしまって。今、読んでる本の世界に少しづつはまっていってる自分に危機感を感じてます。
澁澤龍彦「悪魔のいる文学史」

このギャップ。
[PR]
by masarumizushima | 2004-09-28 03:56

椅子

なんとか自分でやれるとこまではやってみました。掲示板もレンタルしたし、写真のサイトは元々あるし。木の椅子に座り続けて、お尻を痛くもしました。
それでも今日で完成かと喜んで夕食のメニューなんて考える余裕っぷりを発揮してました。
そんな時にやはり問題は起きるもので直せば直すほど変なとこで問題が起きちゃったりなんかして。こんな時はお尻の痛みがより一層気になってしまうものです。
中学生の時に技術の授業で作ったようなこの椅子に八つ当たりなんかしてみたりして。やっぱり木の椅子じゃなくて社長椅子みたいなのを使ってみたい。でもそんなのを使ってしまったら熟睡してしまいそう。
やっぱり欲求は満たされないくらいがいいのかもしれないと少し考えてしまいます。

そんなところでまだHPは出来そうもありません。
[PR]
by masarumizushima | 2004-09-27 05:36

test

只今HP作成中です。
昨日からFlashを使ってやり始めたわけですが、久しぶりにFlashを起動させたので全然分からなくてついつい笑ってしまいました。今はどうにか着々と進んでるように思われます。
ただ初めてのHP制作で友達にわけのわからないメールを送りすぎて呆れられてる所です。
いずれ彼にはお礼をしたいと思います。もちろん出世払いで。
[PR]
by masarumizushima | 2004-09-26 23:17

メインサイト

m a s a r u m i z u s h i m a
[PR]
by masarumizushima | 2004-09-24 07:55 | NEWS

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧