<   2005年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ワガママなボク

理性も何もないわけです。
たまに暴走してしまう感情や欲情を抑えられないわけです。

そんでもって買ってしまいました。

「若きサムライのために」三島由紀夫
「マン・レイ 写真と恋とカフェの日々」ハーバード・R・ロッドマン 木下哲夫訳

三島は、小説から離れようと新開拓。
まぁそれは置いておいて、マン・レイの本のタイトルがダサすぎ!
やけにオシャレな表紙もダメ。カバーを外してみたりしてもダメ。どうしようもない。一般受けを狙った感じが最悪すぎ。日本で作られているフランスのイメージ。
帯には「カメラがあればだれとでも仲間になれる!」ドラえもんの秘密道具?
カメラ会社のコマーシャルみたい。
まるでタレント本。
マン・レイじゃなきゃ確実に中身を開かない。興味も示さない。
真横にあった西洋美術史の方が100万倍欲しい。

でもマン・レイが眠っているモンパルナス墓地が家から近いので開いてみた。
内容はモンパルナスの歴史から画家の話など、なかなかいい内容なのである。
原題は「 MAN RAY's MONTPARNASSE 」
原題はいい。
何が「写真と恋とカフェの日々」だ。
確かにそうだけど、そんなことは大切な事じゃない。
ピカソなら「絵と恋とカフェの日々」か?
こうやって良い物が埋もれていくのがものすごく悲しいし、苛立たしい。

とか怒ったふりなんかしてみて、結局買ってしまったわけである。
踊らされてるよボク。
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-31 01:32 | 写真

写真展

パリノルール blog: 川内倫子写真展、カルチエ財団で開催中 paris

川内倫子

今、パリのカルティエ財団で川内倫子の写真展が行われている。
去年のアルルでの写真フィスティバルに続いてパリでの個展。
カルティエ財団は去年ゴルチエがパンクチュールというパンで作った服の展示会をしていた場所でもあります。
そこで展示した日本人で僕が知ってるのは森山大道さん、杉本博司さん。
川内さんはフランス以外でもアメリカやイギリスなどでも個展をされてます。
ノッてますね〜。
白壁に全体的に青のプリントが凄く綺麗でした。

向かいの画廊でサラムーンの写真が展示されてて、すごくよかった!
すげぇよ。サラムーン ! あんたすげぇよ。
写真集もいい感じで、たしか75ユーロ。
欲しい欲しい欲しい〜!!!でも75ユーロだと、、、う〜ん微妙。
それなら杉本博司さんの写真集を買うな。
もう少し払ってベッヒャー夫妻の写真集を買っちゃうかも。
75か。悩む。
半額なら即買い。

東京都写真美術館で行われている小林伸一郎さんの写真展も気になるんですよね。
小林伸一郎
シャネル銀座ビルディングが完成するまでの650日間の記録だそうです。
物が壊され、そして新しいものが出来ていく過程と小林さんがどう捉えたのか!
見たい見たい見たい〜。
小林さんの写真集も欲しい!
でも、まずこっちじゃ高くて買う気がおこらない。
だって日本円で元の値段が表示されてるんだもん。

写真集は出会いって言うんですよね。
値段がどんどん上がっていくし、もう二度と手に入らないかもしれない。
だから欲しいと思ったら買わなきゃいけないって。
実際に、ヨージの写真集を見つけた時に高くて(2万くらいだったか)買えなくて、後から探したんですが見つからず。限定8000部だったらしいです。

そんなことから買わなきゃいけない写真集が山ほどあるわけですが、そこは財布くんが許してくれないわけですよ。
悲しい。

そのうち写真集特集でもして憂さ晴らしでもしよ〜っと。
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-29 08:51 | 写真

オークションに出品されるもの

shikumi0氏について考える

今更ながら2000年6月9日にyahooオークションでタイムマシンが出品されました。
詳しくは上のリンクを。

子供心をくすぐる出品であります。
2chの名前を好きに変えられる権利よりも驚きです。

本当にあると信じたいです。
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-25 07:28 | 小ネタ

春も訪れ、一人で映画

今日まで2ユーロ50という激安だったので、昨日今日と2日連続で映画館に行きました。
普段なら一人で映画を見るなんてどうも苦手なので行かなかったのですが。
小さい映画館に行くのにハマりそうです。
このままだと明日はマスクを見に行くことになりそうです。たまにはかる〜い娯楽映画を見たい。

そんなわけで昨日見た映画から
Ray
言わずと知れたRay Charles(次からは打つのが面倒なのでRayとします)
映画を見る前日に友達に薦められて、バカ正直に見に行ってきました。
3時間近い長い映画なんですが3時間でも語り尽くせない内容。
有名というだけで、そこまで知らなかったんですが感動しました。
なぜ今まで彼の事を知らなかったのか疑問に思うくらい。
これが映画がいいのかRay本人がいいのか微妙なとこなんですが、Rayの魅力を素直に引き出せた所がいい。
よく天才とか色々と言われてるけど、そんな簡単に片付けていいのだろうか?
この映画はRayの人生を描いているが、人生の在り方とか色々なもを提示していると思う。
Rayの母親が子供の障害に対して甘やかすのではなく、強くなるように育てたのが素晴らしいと思う。体に障害を持っても心に障害を持っちゃいけないんだ。
誰もこの映画を見て障害者なのに頑張ったとか言わない事こそ何より素晴らしい。
Rayの人間としての魅力が伝わって来る!
素直にいい映画だと言える。
久しぶりに映画館に見に行って、いい映画に出会えた事を喜びに感じる。

今日は見た映画は
SAW
何を見ようか悩んだあげく内容無視でポスターで選んでみました。
内容が分からずに見る映画って先が読めなくて面白い。
始まるまでアクションか恋愛かコメディか何も分からない。
部屋に入ってみると若い人が多い。
ポスターと客層を見て勝手にこりゃジュネのLa Cite des Enfants Perdus系の映画かなと思って喜んで待っていたら

『 ホラー !!!!  ?! 』
ホラーとも言い切れないようなCUBEのようなモルグのような。
「 スリラー 」と呼ばれるらしいです。
マイケルジャクソンで十分などと言ってはいけません。

最初ガックリしたものの、映画としてはなかなかよかった。
最後の終わり方がいい!これこそ映画の醍醐味だとついつい喜んでしまった!
でも途中のツッコミどころ満載な所がこういう映画には致命的なので減点〜。
もう少し秘密をもたせてもいいのかと思うし、もっと葛藤があってもいい。パッとした驚きはあるけど怖さが足りない。
オススメしきれない映画でした。
キューブリックのシャイニングみたいに狂っていく過程を出してもいいのに。
どうも作られた感じがいなめない。冷静そうで冷静じゃないし、キャラクター設定がイマイチ。

この映画を見てからずっと頭が痛いのはなぜだろう?そっちの方が怖いです。
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-23 09:46 | 映画

parisの語源

神話について調べていたらこんなのが見つかったのでメモがてら書いておこうとおもう。

その1

 グラロン王が治めたブリュターニュ地方にイス(Is)という町があった。
この町には、あらゆる種類の放蕩、贅沢がはびこり、王の娘であるダユ王女は自ら率先して乱行の限りを尽くした。
その中で、グラロン王だけが天罰を恐れた。
そして、予言者ゲレノが王に「海は溢れ、イスの町は消え去るでしょう」と予言する。
グラロン王は後ろにダユを乗せて、馬を駆って逃げ出した。
予言は的中し、イスの町は水に呑まれて沈んだ。イスの町の一部の盆地は水に沈み、現在その場所はドゥアルヌネ湾と呼ばれている。

 イースグローバルガイドブックにおいて、パリ[paris]はイス[is]に打ち勝つ[par]から来ている、と言っている。

その2
  紀元前3世紀頃、ケルト系Parisii (パリシー)族が住みつき、その名がパリの語源となったといわれている。ちなみにParisiiは田舎者、乱暴者を意味するらしい。そしてフィンランド語ではParisiiと呼ぶらしい。

さてどっちでしょう?
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-20 10:34 | パリ

珍しく映画特集

第一回は恋愛映画特集

まず最初は
ホワイト・ライズ

去年の年末に日本に帰った時に見た映画。
日本での公開した時のタイトルと大きく違いすぎ!
元のタイトルはWICER PARK。たしかにカタカナにしたらホラーっぽい気もしないでもない。
調べたついでに色々と見ていたら予告編なんて見れたので見てみました。
めちゃネタバレしちゃってます。
恋愛サスペンスでどうなるかわからないのが面白みだったりするのに。
ぴあを見て適当に決めて見に行って正解でした。
予告編を見ない事をオススメします。
サスペンスは内容を知らない方が面白いのでこのへんで止めておきます。
恋愛サスペンスの面白さが改めて分かった作品です。

続いては
ムーラン・ルージュ
ミュージカル映画。
これも予告編でニコールキッドマンが亡くなる事を教えちゃってます。
いいのかな?
「世界の中心で愛を叫ぶ」みたいに最初に死というものを連想させておいて、その後の女の子の一言一言がすべて死を連想させて感動させるっていうのはありだけど。
これも予告編を後で見たので変な感じがします。
これも予告編でネタバレさせない方がいいと思うんですが。
パリが舞台なのに英語なんだとショックを受けましたが、きらびやかな夜の世界での
幻想的な雰囲気がいい感じ。
悲劇的恋愛映画の王道。
個人的にはユアンマクレガーがyour songを歌う所が好きです。


さてどんどんいきましょう。
50 FIRST DATES
これは予告編を見ても大丈夫!
サスペンス・ミュージカルときて次はコメディ(?)です。
一年前に起こした事故のせいで過去の記憶があるが最近の事は覚えられない子で、事故を起こしてから毎日同じ日を繰り返してる。たとえ前日に何をしても事故の日を繰り返してしまう。
そんな女の子に一目惚れして毎日彼女の心を掴むために努力を続ける。
毎日毎日自分に恋をさせる。それだけでいいなぁと思ってしまうね。
その努力が見ていてほほえましい。
こういう映画って結末で裏切られてつまらない結果に終わることが多いんだけど、この映画は大丈夫でした。
毎日恋をさせてみたいね。

最後は
猟奇的な彼女
英題は「My Sassy Girl」
まさかこんなに感動するとは思ってもみなかった。
原作はインターネット小説。
原作では木の下に手紙を埋める所で終わってたそうです。
監督の希望で観客に幸福な気持ちになってほしいとのことでエンディングを延ばしたらしいです。
また世界の中心で愛を叫ぶを出しますが、あれは原作の続きを作ったことで失敗しました。それとは違い良い終わり方。
日韓の深い溝がこういう文化交流で一気に埋まってきたっていうのはすごくうれしいです。

おまけ

映画は脚本だの編集だとか色々と言うわけですが、恋は盲目的で映画としての失敗なんて少しくらい帳消しにしてくれる分だけ恋愛映画を作る事は難しいなと感じてしまいます。
ロミオとジュリエットがずっと長い間人々に指示されるように恋愛物語というものは人の心を打ち続けるものですね。
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-20 06:54 | 映画

自分 - 身近で不思議な存在 -

データでわかる辛口性格診断 -

辛口らしいです。
なかなか面白かった。

ちなみに僕は自分にも他人にも厳しすぎるらしいです。
いきなり後ろからグサリと刺されるかもしれないそう。怖い怖い。
でも当たってる。
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-19 10:18 | 小ネタ

カメラの祭典

Photo Imaging Expo 2005

3/17~3/20まで東京ビックサイトでPhoto Imaging Expo 2005が行われています。

早速行って来ました!
って書きたい所ですが行ってませ〜ん。行きたいなぁ。

MSNニュースで調べた所、さすがカメラの祭典!写真特集なんかやってます。
さっそく開いてみると。
「わ〜い可愛いおねえちゃんがいっぱいだ〜!」ってコノヤロー!
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-18 20:53 | NEWS

楽しい、くだらない会話

たま〜に勧誘の電話がかかってくる。

おっさんだとわかんないって言って終わらせる。
若い女の子だとちょって粘ってみたりする。無駄な抵抗。
そんで笑わせる事に専念してみたりする。無駄なあがき。
日本にいる時から店員にもこんな調子。

可愛い子に弱いんですよ僕。
正常な男子なんで。
いくら「水島優」でyahoo検索してみても、俺は男なんで。

なんでフランスに来てまで契約がマドマーゼル水島???
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-18 11:14

写真家集団HP公開一日目の反応

84dpmのHP公開から一日がたちました。
すでにアクセス数が500近くいってるところからいくと、幸先がいいですね。
どうしてそこまで増えたかは私が一番疑問ですが。良くて100と踏んでいたのですが。

アクセス数といえば久しぶりに自分のHPのアクセス数を確かめたところ
アクセス数の合計が減ったんですよ!
アクセス数って足し算だけじゃないの?と思いながら確かめたところ、私が使っているアクセス解析は4ヶ月分のアクセス解析をしてくれるみたいであくまで[解析]みたいです。
アクセスカウンターではないみたい。
悲しいです。

取り急ぎアクセスカウンターを設置しようかと思います。
カウンターです。カウンター!
増えるやつ。減らなくていいから。
[PR]
by masarumizushima | 2005-03-16 09:13 | NEWS

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧