<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昔の恋

昨晩、テニスの帰りに深夜の静かになった街を自転車で走っていた。
パリをほとんど縦断するように家へ向かう。

夜のパリはとても美しい。
暗闇の中でオレンジ色に照らされた家々が輝いて見える。
古くからある街並に住んでいる息吹が感じられる。
そんな街を風になったような気持ちで自転車で走るのは本当に気持ちが良い。
セーヌ川沿いを走ると、街灯の光がまるで星空の中を進んでいるだ。

自転車で走りながらとても懐かしい道を見つけた。
僕の好きな映画で撮影に使われている通りで、頻繁にそこを通っているわけではないのに昨晩は急にその映画について思い出した。

その映画はBefore Sunset



主演のジュリー・デルピーの新しい映画が公開されたから思い出したのかもしれない。

大好きな映画なので内容に触れたくないのだけど、パリで9年振りに会った男女の話。
この映画が公開されたのは僕がパリに来た年で、映画のポスターが沢山貼ってあったのを今でも覚えている。
僕のパリ生活の始まりは、魔女の宅急便と、このBefore sunsetなのかもしれない。

そんな2004年から既に8年が経っている。
先程、久しぶりにこの映画を見なおしたのだが、映画の中で32歳の設定になっている二人に以前見た時よりももっと共感出来るところがあった。
良い作品は時間の経過によってまた違った見方や違った感動があるものである。
初めて見たときは32歳の二人がずっと大人に感じて、32歳なんてずっと先のことだと思っていた。前作の映画から実際に9年経ってから作られたという映画の時間の中に、僕もやっと入れたような気がした。

時間というのはいつの間にか過ぎてしまって、気付いたら莫大な時間が流れてしまっている。
先日、母が「ついこの間まで20歳だった気がする」と言っていた。
きっとそんなものなんだろう。

過去は近いようで遠い、遠いようで近い。
映画の中で、セリーヌは小説を読んだことで今の自分がドライで過去の自分が情熱的だったことを思い出してしまって悲しいというような台詞があった。

素晴らしい出来事は記憶の中で輝き続ける。
でもそれが現実に戻って来た時、美化された記憶には敵わない。
過去に囚われると現在を生きていくことは出来ない。
しかし、美しい過去には魅力がある。

前作で23歳だった二人のフレッシュな魅力は時間がたった今でも色褪せない。


字幕なし


2つの映画共に会話だけの映画。
シンプルで単純だが、だからこそ良い。
余計な音楽も、余計な演出もない。
だからこそ素晴らしい。

昨日、夜の街を走りながら、過ぎてしまった時間と積み重ねた時間を考えた。
いつの間にかこの土地にも慣れ親しんでしまった。

次はどこに行くかわからないが、僕にとってパリは永遠の恋人になることだろう。
[PR]
by masarumizushima | 2012-05-20 07:53 | 日記

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧