ファイアー!!!

たかが一枚のプリントをするのに2時間もかかってしまいました。
太陽の角度と画面のコントラストと露出の差のせいで全然うまくいかない。
一番の問題はいつも使っているフィルムではないのを使ったせい。
久しぶりに泥沼にはまり、もがけばもがくほど沈んでいくような感覚。
二度と抜け出せないんではないかと思ってしまう。

打開策はいつもとはまったく違った観点から物を見て作り上げることでした。
また一つプリントの考え方の幅が広がった気がする。
やはり挑戦をするということはエネルギーを使う大変な事であるが新しい発見がある。

そんなわけでめちゃ疲れたわけで、ヘトヘトになりながら部屋の現像液やら酢酸やら定着液の臭さから解放されようと、ろうそくに香水をたらして火をつけました。
香水は蒸発しやすいんですぐに香りが広がるんですよ。
でも疲れていて、眠いので体が思うように動かない。
手元が狂って香水をこぼす。
そんで都合よくドリフの要領でろうそくの火が香水に引火!こういうのは昔から得意なんです。いつもは三段落ち。
ろうそくを置いていたガラスのテーブルは一気に火の海とかす。
ついでに私の指にも火が。

でも意外にも私は冷静なんです。
なんだって無駄に乙4種危険物取扱者の資格を持ってるもんで。
今まで一度も役に立ってないこの資格。まったく無意味なこの資格。
まずはいつもの三段落ちを防ぐために床のカーペットに引火しないようにこぼれるのを阻止。
そしてアルコールの温度を下げる。
もし、アルコールの量が多かったら酸素を断つべきなんだろうけど、咄嗟に息を吹きかける。
咄嗟にやってしまったわけでオススメはしません。水もダメ。
やっぱり床がカーペットだったことを考えると、服で叩くべきだったのかもと今さらながらに反省。
そんなわけで大事にもいたらず、あっさり消火。

まったく夜中に冷や汗もんです。
[PR]
by masarumizushima | 2005-04-02 11:18

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧