空飛ぶ車

俺は車にはまったく興味がない。
普通自動車免許は持っているが運転しない。
高校を卒業してすぐに東京に行ったので運転する機会がなくなってしまったのもあるが、元々運転が好きではない。
車が好きじゃないならバイクが好きかと言えばそうじゃない。
歩く方が好きだ。
気になるものがあったらすぐ止まれる。
だから自転車は微妙だ。
すぐ止まれる気がする。
でもちゃんと整備されてない自転車のブレーキ音ほど不快な音はない。
黒板を爪でひっかくのと同じくらい嫌だ。
おばちゃんとか、わがもの顔でその奇怪な音を鳴り響かせながら道を走っている。
やけにベルを鳴らしまくるおっさんもいたりする。
勘弁してほしい。
気違いだ。
そんなに鳴らすなら自転車から降りろって思ってしまう。
ただ気にしてるのかといえばそこまで気にしてないが。

そんなわけで俺はのんびりとふらふら歩くのが好きだ。
車の助手席も好き。
ものすごく自分勝手だ。
そして怠け者なのです。

それでもついつい新しいテクノロジーには興味をもってしまう。
好奇心がさわいでしまう。
ソーラーカー・電気自動車・燃料電池で走る車・水素で走る車。
俺は詳しい事はまったくわからないが、あの排気ガスを出しながら走る機械が排気ガスを出さなくなるっていうことに感動を覚えてしまう。
電気自動車の場合は、電気を作るほぼ半分以上が火力発電で発電されているので排気ガスはださないがやはり環境にいいとは言えない。
ソーラーカーはバッテリーの問題があるからまだまだ辛いだろうと思う。
冬にほぼ雲に覆われる地域では意味ない。
でも水素って!
その道の専門家ってわけではないので詳しくは分かりませんが、水素ってすごくないですか?!
小学生の頃なんてリニアモーターカーとかソーラーカーが未来の乗り物になると思っていたのにまさかこんなにも早く次々と開発されるなんて。
実際石油にも限りがあるわけで、まず中東とかそこらへんの石油が切れて最後に石油が残るのはアメリカなんじゃないかと思いますが、そしたらアメリカの独占で独裁ですよ。まったく。怖い怖い。
それまでにどうにかしなきゃって話ですよね。
でも石油が切れたらガソリン自動車なんて動かないわけで、石油が少なくなっていったらガソリンの値段がどんどん上がっていくだろうし大変だなぁと他人事のように思っています。
でも全部の車がガソリン車以外になったとしても、電気自動車の軽トラックとか想像できない!田舎のおじいちゃんがハイテク車に乗ってるなんて。
でもそれが時代の移り変わりですよね。
俺なんて小学生が携帯片手に歩いてるとこにも衝撃を受けてしまいますよ。
新しい物が開発されて生活がどんどん便利になっていくにしたがって何か失っているんじゃないかと思う事がよくあります。
何かを得るってことは何かを失うってことですから。

この先どんどん技術が進歩していったら人は幸せになれるのでしょうか?
人は幸せになる為に行動します。
それが気付かないうちに間違った道を行ってたとしても。
[PR]
by masarumizushima | 2004-10-04 08:07

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧