おいしいおいしいパンの国

最近はやけにパスタが多い。

米を買いに行くのが面倒ってのもあるし、パスタ生活に慣れてしまっている。
得意なのはトマトソースなのだが一度ちゃんと作ると次からは手を抜けない。
煮込んでるうちにお腹が限界に達してしまうことがよくある。
でもそこで諦められない性格らしく待ってしまう。
待つ事によってより美味しく食べられてるのかもしれない。
そんなことでここ最近はずっとパスタだったのだが最近は家でやる作業が長くて食事にも手を抜いてしまう。

食べれればいいやなんて思っていまう事もよくある。

ついにはパスタさえ茹でるのが面倒になってしまい、食材を買うついでに近くのパン屋に直行してしまった。

なんだかんだで近くのパン屋5件くらいの味は把握していて焼きたてのチャンスを狙って行ってみる!
やはりフランスはパンの国なのでパン屋が沢山ある。
日本のコンビニ並みにあるんじゃないかと思うほどある。

しかし一番美味しい店は近所のパン屋の中でも一番遠い。

パスタを茹でるのが面倒でパンを買いに行ってるのにそんなに遠い所になんか行くはずがない(とは言っても家から200mも離れてないのだが。)

そんなわけでいつも行く近くの店に行く。
ここは某有名スーパーのパン屋で味も悪くない。

運良く焼きたてをゲット出来たのだが、いつもより微妙にこげている。

この微妙なこげ具合が一気にテンションを落としてしまい、それが料理にも表れてくるわけだがせっかくの焼きたてなので料理なんてさっさと終わらせてパンをいただく。

当然期待なんてしてない。
なんたって微妙にこげてるし。
たしかこげたパンのキャラクターなんていた気がする。(アンパンマンじゃないよ。

そんなわけで最近はまっているブルーベーリジャムをつけて一口食べてみる。

それが予想以上にうまいのだ。
今までのその店のパンで一番うまい!

焼きたてのもちもち感と表面のパリパリが組合わさってもう最高!

最初嫌がっていた微妙なこげ具合の風味が加わりより味に深みを出している。

いつもの事だがこうなったら止まらない。

約50cm以上もあるパンが、気付いた時にはもうパンくずだけを残しなくなっている。どこにこれが入ったのかと自分でも疑問に思ってしまう。

日本にいる時に美味しいご飯を梅干しだけで食べてしまうとかそんな感じ。

食べ物が美味しい国でよかった。

さて当分はパン生活にしようかな。
[PR]
by masarumizushima | 2004-10-12 20:08 | パリ

文字と言葉


by masarumizushima
プロフィールを見る
画像一覧